第43回A.N.S

令和元年5月19日(日)豊島区の要町病院リハビリ室にて自律神経研究会の勉強会が滞りなく開催されました。

近赤外線・微弱振動・非侵襲体外衝撃波などを用いて、末梢と中枢へのアプローチによる生体の変化を確認しました。秋は11月中に開催する予定です。

第42回自律神経会(A.N.S)清水会

平成30年11月18日(日)に豊島区の要町病院で研究会が滞りなく開催されました。ユーアイ科学研究所様、東京医研(株)様、(株)エスエヌエスメディカル様 3業者さまにお世話になりました。ありがとうございました。

新世代の空気浄化システム

滝の発想から生まれた新世代空気浄化システムを導入しました。写真をクリック拡大してご覧ください!加湿器の1万/1の超微粒子で保湿空間を維持します。噴水状に吸い上げた水を遠心分離させステンレス板に衝突させて、プラスイオンとマイナスイオンに分かれたものをマイナスイオンのミストのみを放出するといったユニークな方法の空気浄化システムです。

またインフルエンザ・ノロウィルスなどの感染予防・鼻炎・花粉・アレルギーの緩和に最適な空気環境を作ります。次亜塩素酸水を使用しており、元より充分な脱臭・除菌・感染予防効果が更にパワーアップしております。

①空気清浄効果②脱臭③感染予防④マイナスイオン発生⑤喘息・鼻炎対策⑥湿度の維持⑦静電気の除去⑧リラクゼーションなどが効果として挙げられます。台風一過の後の澄んだ大気の様な、滝の前にいる様な、深呼吸をしたくなる今までに無い心地よい空気環境を治療室内に実現しました。

第48回松戸市インディアカ大会・救急救護活動

本日は公益活動の一環で、松戸運動公園体育館へ、インディアカ大会の救急救護班として参加して来ました。松戸市の同支部の先生と2人で救護室待機でした。画像をクリック拡大してご覧ください!大会パンフレットの表紙です。

午前中は負傷者といえる人はおらず静かでしたが、午後は太ももや膝、ふくらはぎに痛みを訴える人で一時的に忙しい時間を過ごしました。両膝変形性膝関節症でもスポーツを楽しんでらっしゃる60代70代の方、軽度の急性腰痛を訴える方、など13名が救護室を訪れました。念のために持って行った直流の微弱電流治療器(レボックス)が予想外に重宝して大活躍しました。松戸市インディアカ連盟会長・鈴木静枝様ならびに関係各位様、お世話様でした。

アクセス解析

画像をクリック拡大してご覧ください!山口自律神経研究所のウェブサイトを訪れた人の数字です。9月4日の早朝ですので、4日のアクセスはまだ殆どないです。緑色の棒グラフがパソコンから、オレンジ色の方がスマートホンからのアクセスです。パソコンに迫る勢いで、スマホからのアクセスが多いです。時代の流れですね!日によってはPCアクセスをスマホが抜く日も有ります!当ホームページはレスポンシブウェブデザインになっておりますので、出先でスマホでも画像が切れることなく、サイズ自動変換で見やすいから好評です!!

常時SSL化(http⇒https)

画像をクリック拡大してご覧ください!左上部に保護された通信と表示されています。グーグルではネットセキュリティー上の強化で信号を暗号化(常時SSL化)していないホームページを保護されていない通信と上部検索窓に表示し注意喚起するようになりました。山口自律神経研究所はhttpsになっていますからご安心下さい!httpsの最後のsがセキリュティーの意味です。保護されていない通信のホームページはアドレスがhttpで最後にsが有りません。

画像の左上に保護されていない通信と表示されるホームページの場合、信号が暗号化されていないので、【保護されていない通信】をクリックすると、「このサイトでは機密情報(パスワード、クレジットカードなど)を入力しないで下さい。悪意のあるユーザーに情報が盗まれる恐れがあります。」と表示がでます。グーグルクロームで色々なウェブサイトのホームページを上部の検索窓の表示でお確かめください。山口自律神経研究所は治療の情報だけで、ショッピングサイトは設けていませんが、時代の流れで常時SSL化しました。ご安心下さい!

お盆期間も午前診療しております。

昨日も一昨日も予約患者さんや一般患者さんでいっぱいでした。本日は予約患者さん以外は、比較的穏やかな混み具合でした。一般医科(整形外科など)や接骨院(整骨院)では良くならない!と訴える困った患者さんが多いのが傾向的な当院の特徴です。16木17金18土まで午前診療です。来週月曜日より通常診療に戻ります。

7月7日(土)のご予約

いつも多くの患者さんを診させて戴きありがとうございます。7月7日(土)は今現在、午後3時まで全て埋まっております。埋まってしまった場合、普段でしたら臨機応変に4時~5時~6時~と、ご希望によりお受けするのですが、都合により通常通りとさせて戴きます。申し訳ありません。

LLLT(Low Level Laser Therapy)⇒低出力レーザー治療

表題は内科的レーザー治療とも言います。すなわち外科的に焼いたり切ったりする高出力レーザーとは違い、患部組織周辺の血流改善をさせて病状改善を目的とするのが低出力レーザー治療(LLLT)です。山口自律神経研究所は、そのエキスパートです。様々な症状で一般的な保険医療機関の治療では満足できない方々が、口コミやインターネット上でホームページを見たりでいらっしゃいます。様々な診療科疾患(整形外科疾患・耳鼻咽喉疾患・婦人科疾患・内科疾患・眼科疾患・心療内科疾患など)に対応できる場合が多いです。ご相談下さい。