最新情報

背骨に器質的変性が無い。病気も無い。すなわち椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・椎体の辷り症や分離症、分離辷り症・後縦靭帯骨化症・黄色靭帯骨化症などなどの、整形外科的病名がつく状態が無い。内科的疾患すらも無いにもかかわらず、腰が痛い、背中が痛い、だるいなどの違和感を訴える患者は、今まで機能性の痛みとして捉えられて来ました。即ち筋筋膜性疼痛症候群(MPS)と銘打って!!!

しかし最近、脊柱管内部の脊髄表面にコレステロールが佃煮の様に付着していて、その圧迫が原因で不定主訴(主に疼痛やシビレ、だるさ、違和感)を訴える場合もあると言われ始めました。⇒民放で直近放映されました。今後見聞きする機会も増えてくると予想します。以前脊柱管内部に遊離している脂肪魂が存在し、その原因で腰痛を起こすとの診断を大学病院で受けた患者さんを継続診療させて戴いた事があります。たしか東京都中野区から定期的に予約治療で来られていたと記憶しています。今は改善し来ていません。しかしコレステロールの話しは初めてです。コレステロールというと血管内と誰もが頭に思い浮かべるでしょうが、実は脳脊髄の方が多く存在します。ちなみに70kgの成人ですと、血液中のコレステロール量は10.8gで割合で言うと8%です。脳・神経系は32gでなんと23%です。もっと詳しくコレステロールの体の分布を知りたい方は、【コレステロール研究所】というサイトをご覧ください!

自律神経失調症のレーザー治療(鍼治療では得られないメリット)

まずは鍼を刺さないので痛くありません。星状神経節や腹腔神経叢、また動脈そのものなどに鍼を侵入させるのは殺人行為ですが、レーザー光や直線偏光近赤外線の場合は、非侵襲で安全に効果を及ぼす事が可能です。要するに間接的に緩慢に作用する遠い外堀である大腸経・膀胱経・心包経だとかの経穴しか狙えない鍼と違って、光の場合は鍼やブロック注射では危険過ぎて狙えない部位でもダイレクトにアプローチできることが最大のメリットです。

実際ペインクリニックや針治療に通っても症状が改善しきれない患者さんが、各地域から山口自律神経研究所に予約治療に通われています。鍼灸院の先生も通われています。(笑い)

頚部脊柱管狭窄症の後方からの椎弓形成術後のケア

 

 

 

画像をクリック拡大してご覧ください!後方から椎弓形成術を受けた患者さんです。第5第6頸椎の棘突起は切除されていて有りません。レーザー照射をしている直下は脊髄神経に極めて近い場所です。良い意味で照射を妨げる椎骨が有りませんので、パラメラン照射法(椎弓間隙に向かって斜め45°に左右の横突起の位置から狙う照射法)をする必要がないんです。この患者さんは手術後に膀胱直腸障害は当然消えましたが、痺れや強張りが残っていて、それを少しでも緩和したくていらっしゃいました。効果は絶大です。その場で改善しますので、予約治療の度にニコニコ顔で帰って行かれます。この様な体のメンテナンスには、それなりの実費費用が掛かりますので、来る患者さんの価値観ですね。普通の接骨院には、こういう特殊な患者さんは絶対来ません。念のため老婆心で「絶対にマッサージをするような所なんかに行ったら駄目ですよ!危険ですから!」と注意をしておきました。本人は百も承知しています。こんな所を指で押されたら一巻の終わりですから。

以前茨城県の石岡市から来られた患者さんを治療実績例の項目に載せてあります。同じ症例です。ご覧ください!

今の体は今までの集大成

体のメンテナンス治療は、体力や筋力がまだ有るうちに受ける事をお勧めします。例えば高齢で自分の身の回りの事をまともに熟せない・寝返りも一人では出来ない・腰部脊柱管狭窄症で脊椎の圧迫骨折も数か所有る・付き添いがいないと来院出来ない⇒こういう人が今更当院のような治療効果が高いレーザー治療を受けると、そのときは緊張が緩んで軽くなりますが、体を支持する筋力・体力が、そもそも有りませんから、逆に条件が悪くなって痺れが出たり、いよいよ歩けなくなったりと本末転倒な結果になることが予測できます。【冷たい事を言うようですが、今まで通り整形外科でもらった飲み薬と貼り薬で凌いでいる方が無難で安全です。浦島太郎が玉手箱を開けたように一晩で満身創痍の体になったわけでは有りません。もっと早く自分の体のケアを維持管理するべきでした。】と言いたくなる人も中にはいらっしゃいます。言いませんけど。逆に縁あって昔から診させて戴いている患者さんの中には90代で今もたまに予約治療に来る人もいます。ラッキーな方だと思います。長生きするなら、やはりQOLが良い状態で生きていたいものです。

レーザー整体

最近患者さんの予約電話で「レーザー整体をお願いします!」と言う人が目立って来ました。当初は私としては違和感が有り「レーザー治療ですね!」と聞き返したのですが、最近は面倒なので「はい分かりました!お受けします!」と言うようになりました。(笑い)楽になれば何であろうと患者さんは文句は言いませんから!!ちなみにレーザー整体と呼ぶ人は、今まで通っていた整体院では痛みが取れないのを悟った人が多いです。

春バテ・花粉症

春バテによる自律神経の乱れで、もともとの花粉症が酷く出たり、頭痛・腹痛など諸所の症状が顔をだします。複数の症状が重なるほど辛さが増し対処が難しくなります。山口自律神経研究所でのレーザー治療をお勧めいたします。諸所不具合の神経を直接緩和します。

今でもぶれない正常分子栄養学

最近では生活習慣病へのリスクから、ダイエットに関心が行き、民間企業などでは、タニタ食堂、ライザップなどが有名になり、その人に合った運動・筋トレとバランスのとれた食事が実践しなければならない大切な事だというのは、誰もが否定しないでしょう。さて日本が戦前戦後で貧乏だった時代は、カロリー栄養学が妄信されていました。風邪をひいて医者に行くと「栄養の有るものを食べて養生しない!」と言われました。栄養の有るものって何ですか?と医者に尋ねるとカロリーの高いものという答えが返ってきました。(大笑い)今でも無知な糖尿病患者の多くはカロリー栄養学の事にしか頭が働きません。

正常分子栄養学は細胞に必要な栄養素を追及する学問です。今の時代でも十分通用します。私は30年近く前から、肥満の人は栄養失調だ!と説き続けて来ました。丁寧に言うと【カロリーオーバーの栄養失調】です。糖質・脂質の摂取し過ぎがカロリーオーバーで、タンパク質・食物繊維・ビタミン・ミネラルが、てんで足りていないんですね!それが栄養失調です。最近では新型栄養失調などとマスメディアで取り上げられるようになりましたが、私からしてみれば、何が新型なもんですか!前々からカロリーオーバーの栄養失調だ!と日常診療の中で折に触れて力説してきました。今頃になって「先生は本当に言っている事が一貫していてぶれませんね!」なんていう患者さんもいます。(笑い)

タンパク質を例に取ると1日に体重×1.08グラム必要です。ここで大豆に関してワンポイントアドバイスです。栄養は組み合わせの合わせ技1本です。例えば大豆100グラムで35グラムのタンパク質が含有されていますが、メチオニンというアミノ酸が56ポイントしか有りません。従いまして単品で大豆100グラムを摂取しても100グラム×0.56=20グラムしか身になりません。しかし卵黄はメチオニンのプロテインスコアが100点です。ですから例えば納豆100グラムに鶏卵一個を入れて混ぜて一緒に食べると35グラムまるまる身になり、鶏卵(L卵)1個には6グラムのタンパク質が含有していますので、合わせて41グラムのタンパク質を摂取できるんです。ですから栄養というのは、何が良い何は悪いでは無く、組み合わせの知恵なんです。塩分を摂りすぎたと思ったらトマトでも食べてカリウムで調節すれば良いし、コレステロールを摂ったと分かれば大豆でも食べてレシチンで均衡を取れば良いんです。そろそろ無知の極みのカロリー栄養学から離れてみてはいかがでしょうか!?

 

当院ならではの特異なケース

画像をクリック拡大してご覧ください!個人情報ですので、住所の枝番と氏名・生年月日は伏せてあります。交通事故による右肩鎖関節と左肘頭周囲の痛みです。オートバイに乗っていて後ろから乗用車に追突されたそうです。30代男性の方です。居住地である柏市内の整形外科でレントゲンやMRI検査を受け、最寄りの接骨院に交通事故治療加害者の任意保険による支払いで、患者負担金ゼロの治療)で現在も通院中ですが、事故日である2月から今に至るまで、ほぼ毎日のように通院しているのにも関わらず、痛みが全然良くならない!しかし諸事情や浮世の義理で今の接骨院を変えるわけにはいかない!自費で構わないので診てください!といった申し出です。山口自律神経研究所では珍しくないケースです。

もちろん当院に転院希望であれば、加害者の保険会社に転院希望の旨を交渉すれば、当院でも患者負担ゼロの交通事故治療が受けられます。当院にしてみれば、非常に良くあるケースです。