禁煙:18社健保が連合体 58万人加入 遠隔外来治療

日産自動車、日本航空、リクルートグループなど大企業18社の健康保険組合が、加入者58万人規模の連合体(コンソーシアム)を作り、遠隔禁煙外来による治療に取り組む。東京五輪・パラリンピックのある2020年までに喫煙率を5%下げ、3万人規模の加入者を禁煙させる。厚生労働省は先月、対面診療なしの完全遠隔禁煙外来を健保組合などの事業として初めて認めたが、最初の社会実験となる。企業の禁煙への動きが加速しそうだ。健保組合の多くは高齢化で財政難に直面、医療費を押し上げる喫煙を抑制する課題に迫られている。さてさて思惑通りに成るのでしょうか!?要注視です。

知恵と工夫

P1020795毎度おなじみのファイテンパワーテープです。画像をクリック拡大してご覧ください!2017年7月15日のブログの患者さんですが、モンゴルに里帰りした翌日に、また鼠径部の痛みが発症したとの事。日常の習慣的な動作の繰り返し負担からくる痛みですから、いずれまた発症するのは当然です。むしろ1回の治療で1ヶ月症状がもった事が奇跡です。私がモンゴルのウランバートルに行くのは不可能ですので、ご主人に来てもらい画像のチタンテープの貼り方を教えてあげました!

左右の大腿(ふともも)の蹴り上げ動作を片方づつ確認記憶してもらい、チタンテープ(ファイテンパワーテープ)を貼った方の大腿の蹴り上げを試してもらい、貼っていない方と極端に左右差が有るのを確認していただきました。あなたがモンゴルのウランバートルに行ったら、奥さんに同じことをしてあげるんですよ!と促し販売しました。70マークで756円です。便利なテープです。貼った位置から皮下4cmくらい下まで電位差を生じさせる事を臨床上、確認しております。X30という割高なテープもありますが。70マークを2枚重ねして貼ったほうが効きます。3枚重ねの方がもっと効きますが、嵩張りますので接触で剥がれやすくなります。2枚重ねの方がお勧めします。いずれもX30を貼るよりも実効値が出ます。

日本の企業が世界に抜かされる理由

一言で言うと政治家が無策だからです。他国では国策で日本の企業の頭脳を社員のヘッドハンティングという手法で盗み続けています。それらに歯止めを掛ける事は国がやらないと無理ですね!国策には国策で対応しないと!!実例を挙げると、私の大学時代の同級生が?部上場企業のT?Kに在籍している時に、韓国のサム?ンデ?スプ?イと言う会社にヘッドハンティングされました。給料も住む所もVIP待遇です。しかし契約期間の3年間が過ぎるとお払い箱です!!!日本の叡智の頭脳を吸い尽くされるだけ吸い尽くされたら、退職せざるを得ない状況に追い込まれます。それが奴ら(外資)の手口です。一旦その前の企業で培った情報を流してしまうと、再雇用がかなり厳しくなります。同じネタ(知識、技術)はもう知られてしまったので必要ないわけです。人生の中のたった3年間に年収1000万円~1600万円程度で魂を売ってしまったわけです。

さてもう一人私の大学の同級生でM.Iという親友がいます。彼は一連のそういった事を一流の情報源で知り尽くしています。サラリーマンですが、二重雇用に成らないようにオーナービジネスを並走しています。オーナービジネスの方がサラリーマンの年収を遥か彼方に抜いています。そのオーナービジネスの人脈が世界一流の情報源です。気が付いた方が良いです。今はそういう時代です。賢い御仁は動き続けています。これから益々、貧富の格差が日本でも発展途上国の様に顕著になる時代が、じわじわ真綿で首を絞めるように訪れます。お知り置き下さい。二重雇用に成らないそのオーナービジネスとは何でしょう(???)ご縁のある方は知ることに成ると思います。まあそれはさておき、動く人は水面下で着実に動き続けているようです。

最後に本題に戻りますが、日本は、これからも横綱級の上場企業がポシャル事例が出て来ると思いますね!大企業より大個人 みんな仲良く一緒に成長から一人勝ちの時代が訪れて来ました。サラリーマンの人も自営業の人も戦国時代です。納税日本一の斎藤一人さんは、違う視点で{魂の夜明けの時代}とも比喩されています。人間力がものを言う時代です。

頸部の痛み

P1020794今回の患者さんは小学校の先生です。マット運動中に痛めました。酷いとむち打ち症の様に胸側の胸骨筋に圧痛が出ますが幸い軽かったです。画像をクリック拡大してご覧ください。右側に肩甲挙筋という部分が見えるかと思います。その部位が疼痛を訴える部位です。寝違いでよく痛める部分です。

治療のアプローチは、いつも書いている事ですが、解く順番があります。いきなり疼痛部位はいじりません。外堀から緩めていきます。大小菱形筋、胸鎖乳突筋など・・・先に緩ます部分があります。ぎっくり腰と同じで2週間くらいで完治します。

整形外科に行ってもレントゲンを撮られ「骨に異常はありません!」と言われて薬をくれるだけ!接骨院に行ったら揉まれて逆に痛みが強くなる!という判断の方々が山口自律神経研究所を訪れます。賢い判断です。新鮮外傷ですから1回の治療で痛みは取れきれませんが、限界まで良い条件(コンディション)を作らせていただきます。2週間の間に2回も治療すれば、あとは自然放置で治ります。

齋藤健代議士 初入閣(農林水産大臣就任)おめでとうございます!

齋藤健衆議院議員は、地元である千葉県柔道整復師会松戸支部で、渡辺弘道氏同様、民主党政権時代の冷や飯喰いの時代もぶれずに応援させて戴いて来た国会議員の方です。この写真は今より少し若い頃ですね。クリック拡大してご覧ください。柔道整復師の業界にも多大なるご関心を示され、ご理解を賜ってきました。優秀で気さくな秘書の方にも恵まれ、益々のご発展をお祈り申し上げます。P1020793

新鮮外傷(慢性ではない新しいケガ)と頻度の高い習慣的な痛みの違い

法律で、柔道整復師が健康保険の取り扱いを認められているものは、一瞬の動作に於いて一発で痛めた新鮮外傷に限られています。負傷当初は仕事どころか日常生活もまともに出来ない痛い痛い新鮮なケガです。人生の中でそう頻繁にある事では有りません。ですからスポーツが出来る程度の筋肉痛は該当しませんし、運動後の筋肉痛もケガではありませんので保険治療対象外です。また日々の常習的な負担からの毎度おなじみの場所の痛みも慢性痛の領域ですので保険治療対象外です。単なる疲れや肩こり慢性腰痛なども言うに及ばず、保険治療対象外です。

では健康保険で治療を受けるには、どこへかかれば良いのか?それは整形外科やペインクリニックなどの医師の医療機関に受診すれば健康保険でやってくれます。しかしそれらに掛かっても湿布薬と飲み薬をくれるだけで、なんにもしてくれない!たとえ何かしてくれたとしても、その治療では改善しない!満足ができない!などの不満を持つ方が多いです。そういう不満の受け皿になっているのが当院の治療技術である医療用レーザー複合治療です。おかげさまで市外県外からも多くの御予約をいただいております。

30年来の長年のスポーツによる腰痛

http//jets63.wix/worldwide

P1020791スポーツジムの経営者の方です。レスリングや総合格闘技などをやられて来たそうです。あとは関取と一緒に並んで写真を撮っても引けを取らない立派な体格の筋肉ですね。筋肉量を増やすことが至上の楽しみとの事。詳しくは上記ホームページアドレスもしくは、写真の画像をバーコードリーダーで読み取りの上ご確認下さい!

佐渡ヶ嶽部屋の相撲取りのお客さんが多いスポーツジムです。ブログを見るとお相撲さんが、たくさん写ってますよ!筋肉をつけたい方には、お勧めのスポーツジムだと思います。

こちらの社長さんも30年にわたり色々と体の痛みのコンディショニングを模索されてきたようですね。左側の腰の痛みが目立つとの訴えでしたので、むしろ右側の腰の方が重たく感じられるくらい左右の感覚や運動性を非対称にして差し上げました。なにしろ30年間ですからね!それくらい印象的な変化を与えてあげないと!!すなわち左半身が異様に軽い!症状を訴えていなかった右半身が逆に左の腰より重く感じる状態です。右側を悪くしたわけでは有りません、右側は、いつもの通常の状態です。左の腰がそれだけ軽くなったので、その様に差を感じてしまうのです。こういう技術は世界で他に類が有りません。

 

 

ヒトゲノム、世界最大級に 日本人特有の特徴発見

東北大学などは18日、日本人3554人のゲノム(全遺伝情報)を解析し、公的機関で世界最大級のデータベースを作ったと発表した。今後、1万人に数人の割合で発症する希少な病気と遺伝子の特徴との関係に関する研究を進め、原因究明に役立てたいとしている。

データベースは東北大が岩手歯科大や日本医療研究開発機構と連携して作成。日本各地の健康診断などの際に同意を得られた3554人のゲノムを解析した。

ヒトのゲノムは30億個の遺伝情報があるが、今回の解析で、個人によってわずかな違いがある場所が約3710万個あることがわかった。このうち約2690万個は国際ベースにもない新たな情報で、半数以上が日本人に特有とみられるという。

鼠径部の痛み、違和感

P1020789画像をクリック拡大してご覧ください。

千葉市美浜区から来た患者さんです。30代主婦、1ヶ月前から左鼠径部にピリピリ痛みが出始めだんだん悪化、来院前日は眠りから覚めるほどの痛みがあったとの事。

当院に来院する日の午前に最寄りの整形外科を受診しレントゲン検査にて異常無し、お土産にロキソニンテープと飲み薬のロキソニンを出されたようです。異常が無いのになんで痛いの??整形外科医の説明に納得がいかず縁あって山口自律神経研究所に来られました。いつもの事ながら整形外科医の先生方いつも有難うございます!感謝します。この方はモンゴル人でした。ご主人はなんと小学校時代の同級生でした!!ちょっとビックリ。ご主人が傍に居てくれたおかげでコミュニケーションが取れました。モンゴル語、英語、中国語(北京語)が話せるそうです。日本語は片言で辛うじてでした。院長は、外国人になんとか通じるように英語で話そうとすると、ついつい韓国語が混じってしまいます。(笑い!妻が韓国人なので。)

さて患者さんの前での実況生中継の謎解きと説明、同時治療の始まりです。まずはいつものようにルービックキューブを6面あわせる順番のたとえ話からのスタート!要するに痛い所は、最初は触りませんよ!という釘指しの前置き説明です。さてさてまずは、左側の痛みなので右の脳血流を良くして左半身の運動性を軽くします⇒はい!確認動作、患者さんビックリなにこれ!軽い!でもまだ痛い。(当然)はい次に極端な背泳ぎのような右の背伸び、はい滞りなく最後まで腕を後ろに反れました100点。では左の背伸びは、あれあれ?指先が天井を指す手前から体が横に回旋しながら逃げているよ!これってな~んだ!?はい左下後鋸筋部の持続的な筋緊張です。そこから出ている脊髄神経は?そのデルマトーム(支配位置)は??はい!それ消します。過去のブログを念入りに戻り見てください。同様の傾向の痛みを解説しています。

はい次、今度はうつ伏せで腸骨稜の左側が上方変位!腰方形筋のスパズムです。はい消しました⇒?はい次は何処の筋スパズム??⇒?はい!それ消した。その都度確認動作で患者さんビックリ感動。いよいよお待たせしました、本丸です。画像の所ですね!大腰筋の大腿骨付着部が本丸でした。(最初から察しは付いていました!)同業者の方はトリガーポイントの本などで位置をご確認下さい!今回のブログは出血大サービスで手の内をかなりの部分明かしました。痛みがゼロになり喜んで笑顔で帰られましたよ。同業者の方わかりましたか?スーパーライザーPX、スーパーテクトロン、マグスティムなどを使いました。1か所の痛みなので、初診料5000円です。それではまた!

 

 

頸動脈造影図と椎骨動脈造影図

P1020785P1020788

 

 

 

 

大きい方の写真が内頸動脈に造影剤を注入したX線写真の陽画です。幾本かの外頸動脈の枝も見えています。小さい方の写真が椎骨動脈造影図の陽画です。この位置は骨格筋の統括を司っているようです。この2つでほぼ脳の全血流をフルカバーしています。画像をクリック拡大してご覧ください。

脳卒中後の麻痺の患者さんやパーキンソン病の患者さん、認知症の患者さんでも脳血流改善の治療後は、良い意味で人相が変わります。条件によっては、痙性麻痺の痙性が消えたり、パーキンソンの症状も消失します。パーキンソン病の場合は、不安要素が極端な怖がりながらのつたえ歩き見て取れます。その様な場合は背外側前頭前野(DLPFC)への近赤外線照射を加えると更に効果が見られます。感動的な瞬間です。