柔道整復師への正しいかかり方

P1020352柔道整復師が法律上、各種健康保険の取扱いが認められているのは、新鮮な(ここ数日中の)原因が明白な、外傷だけです。日常生活に著しい支障をきたすケガのみです。骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れや筋違い)の5種類だけが施術録に記載が許されている、唯一 各種健康保険が許されている傷病名です。

従って体中のあらゆる慢性痛、スポーツのあとのさわやかな筋肉痛、疲労性の筋肉痛のコンディショニング(山登りや旅行の後など)、日々の仕事の疲れなどのキリの無い筋肉痛などはケガとは言えず保険対象外です。しつこく言えば腕立て伏せを1000回やったあとの翌日の筋肉痛も健康保険対象外です。さらに加えて言えば整形外科などに既に受診していて、自分の病状が新鮮なケガでは無いと知っていて接骨院に保険証を提示して保険で掛かろうとするのは悪質な不正受診です。この事実は柔道整復師への正しいかかり方という名目で、自分が加入している保険組合のホームページをパソコンやタブレットで検索すれば分かります。(各市町村の国民健康保険組合、各都道府県の後期高齢者医療の保険組合、協会健保、固有の企業の健康保険組合、共済組合etc)画像をクリック拡大してご覧下さい。

柔道整復師が、その法的事実を患者さんに伝えないのも罪ですが、それを百も承知でしらばっくれて知らないふりをして、肩こりや慢性腰痛、慢性痛なのにもかかわず、昨日転びました等と嘘の申告をする患者さんも犯罪です。しらばっくれて通院する人も、本当の事を伝えない柔道整復師の先生も人生の徳分を失うと思います。

このブログを読んで、そんな馬鹿正直な事を患者さんに告知したら、明日から生活が出来なくなると抵抗する先生方も多いと思いますが、そろそろ潔くされたほうがよろしいかと思います。実際に接骨院の業務では生活が出来ずに、いさぎよく異業種に転職された方々は多いです。身近でも。

マッサージなどの慰安行為を一切せずに、医療技術で生き残っている治療家の先生方は、一生懸命に勉強をし臨床の現場にフィードバッグできている実践者です。

 

お盆の診療時間

8月13日(木)14日(金)15(土)は午後3時の予約が最終になります。

接骨院(新鮮外傷)のほうは午前診療で終了です。

8月17日(月)を休診とします。  以上お知らせいたします。

 

CRPS,RSD,カウザルギーについて

こららの疾患については、医師も確定診断をつけるのに躊躇します。明解な診断基準が確立されていない事が理由のひとつ。またカウザルギーに於いては、明らかな急激な外傷後に、一般的な治癒期間を過ぎても日常生活に著しい支障が有る疼痛、灼熱感、冷感などの異常感覚が有るとき診断されます。そのケースは交通事故の外傷後の場合も多いです。そうした場合、加害者の保険会社との後遺症障害の交渉で闘争となるケースも多く医師も安易にカウザルギーの診断をくだす事を躊躇します。ですから、味方になってくれる医師を持つ事と、医療訴訟に秀でた優秀な弁護士をつける事も必要かと思います。うまくいけば、後遺症障害の14等級中、7級の4(神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することが出来ないもの)が認められます。それが認められた場合、保険金額の上限が1051万円。慰謝料が409万円です。詳しくは御縁のある弁護士さんにご相談ください。

右脳梗塞の治療例

P1020349画像はクリックすると拡大します。右の脳梗塞の患者さんです。左上が治療前です。左下が安静10分後です。右上が右の脳血流を改善する事が可能なある部位にスーパーライザーを5分照射した直後、右下が、その後10分経過です。これだけ血流が改善します。

前へならえが出来なかった痙性麻痺の患者さんが、あっあ~左の腕が伸びた~と絶叫します。と同時に10数年来の整形外科や脳神経科のリハビリは、なんだったんだ~と憤慨され、もっと早く山口先生に出会いたかったと言われます。もちろん下半身まで麻痺の有る患者さんは下肢の運動性も、その場で改善します。

患者さんが感動してくれる至福の瞬間です。

DLPFC(左背外側前頭前野)の機能不全による腰痛

P1020346昨今までは脳のDLPFC(左背外側前頭前野)の機能不全はうつ病を対象に研究や治療(経頭蓋磁気刺激)が行われてきましたが、最近の研究で心因性の腰痛の人でも、この部位が関与していることが解明されました。

要するにMRI検査やレントゲン検査で異常所見がない場合の腰痛で、しかも臨床家が診ても異常が無く首をかしげるタイプと言ったらお分かり戴けるでしょうか!?

日々私は、心配事は実現すると患者さんに指導していますが、やっと科学で立証されて来ました、私の言っている事に時代が追いついて来ました。DLPFCは扁桃体の暴走を抑える役目や判断や意欲を司る部位です。この部位の機能が衰える最大の原因が心配することです。自分で恐怖の物語を作り出すことです。心配する事が、いかに自分の体にダメージをあたえるかが、ご理解戴けたでしょうか?医学的解釈以外でも、ご関心が有れば小林正観さんの著書や斎藤一人さんの著書、YouTubeでもご確認ください。そういった文章やお話しが、ご縁が有れば見つかると思います。

画像診断で異常所見が無いのに、、、

ほんの一例ですが、例えば右のおへその下あたりから~右の太ももの付け根辺りが、痛いって程ではないんですが、なんか重だるいんです!という人がいます。背骨のレントゲンもMRIも撮ったけど異常ないと言われました。違和感の有る太もも周囲も検査しましたけど異常が無かったです。と言う人が来ます。

それは診察すれば分かりますが、右の下後鋸筋の持続的筋緊張(筋スパズム)が見つかります。患者さんが訴える位置に外傷の因果関係が無い場合です。その筋肉の位置はT11、T12、L1、L2です。まさに患者さんの訴える位置と一致するデルマトーム(脊髄神経支配)です。添付写真をクリック拡大してご覧下さい。ここのスパズムをとれば、患者さんの訴える症状は一気に消えます、患者さんからして見ればマジックショーのようです。それが知識と智慧です。むしろ反対側の方が重たく感じるくらいに成ります。


P1020344

本日は「鍼灸師はレーザー光線は可能か?」というキーワード検索が多数あったので、、、

山口自律神経研究所のホームページは、どういう検索キーワードで、当ホームページにたどり着いたかが分かる仕掛けになっています。

本日は鍼灸師の免許でレーザー機器が使用できるのか?という意味合いの検索が多かったので、それについて少し解説します。

一概にレーザーといっても様々な種類が有ります。媒質で大別すると、気体レーザー、固体レーザー、半導体レーザーに類別出来ます。気体には紫外線のエキシマレーザー、赤外線のCO₂レーザー、可視光線のヘリウムネオンやAr(イオン)レーザーが有ります。その他固体レーザーでもルビーレーザー,YAGレーザー(種々あり)など色々あります。

東京医研(株)のスーパーライザーは近赤外線を光ファイバーで伝達したもので、鍼灸師免許でも使用出来ます。(現行型のスーパーライザーPXは、光ファイバーはHA2200よりも上質になりましたが、直線偏光はされていません。どう使うかは、先生方の技術です。)レーザーの能書きについて詳しく勉強したい先生は、日本レーザー医学会や日本レーザー治療学会にお問い合わせください。しかし日本レーザー治療学会にしろ日本レーザー医学会にしろ医師免許を持った人の紹介が必要で、尚且つ医療国家資格または、それに準じる資格が有るのが最低限の条件です。

一番大事な事は、運良く上記の医家向けのレーザーの会に入会できたとしても、勉強できるのは理論だけで、実践には師匠が必要です。目の前の患者さんを喜ばせる医療技術を会得出来る保障は有りません。当院はリーダーグループの一員として、日々訪れる、ドクターショッピング,代替え医療ショッピングの末の困り果てた患者様の症状を改善させ続けて戴いております。

眼精疲労による視力低下、目周囲の痛み

P1020340左目のほうが見えづらいと言うので、立ち位置を決めて、それぞれ右眼と左眼片方づつで同じターゲットを見ていただき、ピンとの合う限界を認識したあとに、この様に左だけ治療しました。

結果はむしろ見づらかった左眼の方が、クッキリとピントが合う様になりました。患者さんは文句のつけようが有りません。えっ~~っ~と言った感じの驚き様です。

どの部位どんな症状でも、同様な現象が起きます。と言いますか起こせます。残念ながら認識が難しい脳梗塞の人や末梢神経が鈍感なご高齢の人、パーキンソン病の人などは、付き添いの人がビックリされます。この他にも症状に応じて様々な治療機器で、様々な自律神経系、運動神経、知覚神経にダイレクトにアプローチします。鍼灸の様な無駄な遠回りはしません。その場で改善する価値観に於ける自費治療です。治療実績はキリが無いので、一般的なものだけを治療実績例の項目に載せてありますので、ご覧ください。人間以外の特例もあります。針灸、あんま、マッサージ、ペインクリニック、整形外科 接骨院、整体、怪しい施術などなど色々な治療を受けて来た方々が、来院されています。

 

頓珍漢な情報の層(頓珍漢な口コミ)

例えば、その地域で大繁盛している民間医療機関が有ります。大概そういう店舗は、なんとか法人会とか集団意識の価値観、正義感で、ある特定の集団に属している人の紹介でとか、市会議員の紹介でなど、浮世の義理で盲目に信じてそこへ行きます。

はたまた一般的な常識で、最高峰の個々大学病院で、ありとあらゆる検査をして、有名な偉い先生にその病状を評価、評論、説明してもらいます。しかし中には賢い人がいて「大多数の人たちが通院しているにも関わらず、私の症状が改善しないじゃないか!?」とハッと気づく徳分の有る人がいます。そういう困り果てた御縁のある方が当院に来られます。そうです。人々がたくさん通っているからといって、あなたの症状を改善させる治療技術が有るとは限らないのです。山口自律神経研究所に通院されている方々は、それを悟った人々です。